いぼの施術を申し込み【適切な治療や予防を受ける】

安心して受けられる

顔を触る人

明確な料金の提示

いぼが気になっているのなら、除去した場合をイメージしてみます。ないほうが良いと自分で感じる場合や、すでに化粧で隠すのが日常化しているのなら、安全に除去できる方策を検討します。安全性の高さは、専門家の技術が心強いです。手や足の擦り傷と違い、顔や首周りは傷をつけてしまうと小さな跡でも目立ってしまったり、自分では気にしなくても他人に指摘されるような痕跡になったりする可能性があります。美容整形外科では、いぼを除去するだけでなく、除去した場所が周りの肌と違和感なく調和するように皮膚や細胞を整えてくれます。いぼの除去には、皮膚に直接触れることなくほぼ間接的に除去できる方法と、皮膚に医療器具のメスを入れて切除する方法があります。間接的な除去は、痛みも出血も、ほとんどありません。施術して、しばらくは様子見をしますが、基本的に当日中からの洗顔や化粧が可能です。切除は麻酔を利用すれば痛みがなく、出血も最小限に抑えられますが、切除した場所を縫合しますので、術後の治癒中に痒みが発生する場合もあります。化膿止めに抗生物質を服用したり、塗り薬が処方されたりする場合もありますので、医師の診断と指示に従って状況を見守ります。切除から縫合までの処置は、切縫とも呼ばれていて、直接的に施術できますから大きさに関係なく適切に処置できます。いぼの大きさも重要ですが、いぼの深さも影響してきますので、表面的なふくらみだけでなく、皮下組織における周囲との血管のつながりなど、まずは安全に処置できる方法を医師に診断してもらうのがポイントです。いぼの除去は、間接的な施術と直接的な施術では、基本料金が異なります。間接的な施術は、電気メスによる除去と、炭酸ガスレーザーによる除去があり、いぼ一個に対して、およさ10000円です。美容整形外科によって、薬代や問診診察料の加減で料金は変動しますが、施術に対する基本料金は大きな開きがありません。炭酸ガスレーザーはCO2レーザーと呼ばれることもあります。直接的な施術は、いぼ一個に対して、およそ50000円です。メスで切縫しますので、技術と施術時間の長さが料金に反映されていると理解できます。切縫の経験豊富な美容整形外科では、大きさと深さを詳しく診察して、割引料金になる場合もあります。電気メスとCO2レーザーは、簡単に施術できる反面、見た目よりも深さのある症状の場合は施術時間が長くなってしまったり、二度に分けて施術が必要になったりする場合もあります。切縫は、大きさや深さを把握したうえで施術しますので、事前に時間の長さも予測しやすく、術後の安全対策も安心です。術後の安全対策は、術の跡が残らないように肌を整えることであり、万が一の化膿止めのために必要に応じて抗生物質が処方されます。治癒中の痒みの発生は自然な現象ですが、指や爪で掻いてしまわないように痒み止め効果のある塗り薬が処方される場合もあります。抗生物質などの内服薬や、痒み止めの塗り薬などの処方は、基本料金と別会計になります。術後の通院で薬が処方される場合も別料金です。一般的な相場の基本料金の前後であれば、施術を実施する前に明確に料金を提示してくれる美容整形外科は評判が良いです。

Top