いぼの施術を申し込み【適切な治療や予防を受ける】

日よけを用意する

看護師

希望の治療方法を伝える

いぼは、年齢や性別とは関係なく出来るものであるため予防を行わない方も多く見られる病気ですが、紫外線などを直接肌に浴びる事で増えやすくなります。そのため、いぼの数を増やさないようにするためには、帽子や日傘などの日よけアイテムを使用し予防を行う事が大切です。また、美容整形外科でレーザー治療を受けた後の皮膚は敏感になっているため、跡を残さずきれいな皮膚の状態にするためにも治療を受ける際には日よけのアイテムを持参するように気をつけます。美容整形外科によっては、オプションとして紫外線から肌を守るためのグッズなどを用意してあるところもあります。まだ出来ていないいぼを未然に防ぐためにも、病院に行くまでの間に紫外線を避けるためにも持参すると安心です。治療を受ける箇所によっても治療の準備は異なりますが、原則として化粧はせずにノーメイクで治療を受けるように気をつけます。また、病院についてから化粧を落とす方法もありますが、肌に刺激を与えないためにはなるべく自宅からノーメイクで外出するように気をつける事が大切です。首や腕に出来ているいぼの場合は、ストールやアームカバーなどでガードした状態で治療を受けに行くと紫外線や直射日光の刺激から肌を守る事が出来ます。また、ウイルス性のいぼの場合はこするとまわりにウイルスが拡散して数が増えてしまう事もあるので、治療を行うまでは刺激を与えないようにします。治療後のアフターケアは、医師から処方される薬やテープを使用して治療箇所をガードしながら、ケアを行うケースがほとんどです。化粧は治療後どのくらい経ってからしても良いのかは症状によって異なるため、医師の指示に従うように気をつけます。どの美容整形外科で治療を行うかが決まった場合には、直接クリニックに行くのではなくあらかじめ電話やメールでカウンセリングを予約すると治療しやすくなります。顔や身体のどの部分に出来たいぼを治療するのか、また治療方法はどのようなものを希望しているのかなどを伝えておくと安心です。ウイルス性のものや老人性のものなど種類が様々あるため、適している治療方法は医師との話し合いで決める事になります。根が深いいぼの治療であっても、数回に分けてレーザーを使用する事で除去する事が可能です。通院できる回数や治療に専念できる期間がどれくらいなのかを相談して、レーザーや切開治療などの中から自分に最もあっている治療方法を選ぶようにします。いぼの数が多いという方の場合は、1回の治療で除去したい数が多い場合でも対応しているかを確認してから予約をすると、治療しやすくなります。まとめて複数の治療を行うプランを導入している美容整形外科もあるので、治療プランをインターネットのホームページなどで確認してから予約を行うのがオススメです。特に首回りや腕などに出来たものを治療する場合は、100個以上のいぼを同時に治療する事もあり、数が多いものでも治療に対応している所を調べておくと安心です。首の後ろなどにあるものを除去する場合は、自分自身では数が正確に数えられないので、大まかな数の目安だけでも伝えておくとプランを組みやすくなります。メールによる予約を行う場合にはやりとりに多少時間がかかるため、早めに予約をしたい方は電話での予約が確実です。忙しくメールやフォームでのみしか予約が行えないという場合は、日にちに余裕を持って予約をするように気をつけます。

Top